OJTのメリットは何?

OJTは一人ひとりの理解力や習熟度に合わせて教えることができる

OJTとはOn-The-Job-Trainingの略で、実際の業務を通じて仕事を教える方法です。多くの企業が社員を教育するためにOJTを利用しています。OJTは一般的な社員研修とは異なり、実際に仕事をしながら必要な知識やノウハウを教えるため、学んだことが仕事に直結しやすいという特徴があります。そのため、効果的に行うことができれば即戦力に育てやすいといわれています。基本的にOJTでは職場の先輩や上司1,2人が教えるのに対して、部下1~3人程度が教わります。1人1人の顔を見ながら教えることができるため、その人の理解力や習熟度にあわせて進めることができるというメリットがあります。人によってもともと持っている知識や成長のスピードは異なります。それぞれのペースに合わせて教えることで、不安や疑問を解消でき安心して仕事に取り組みやすくなるでしょう。

OJTによって職場の人間関係ができる

OJTで教えるのは職場の上司や先輩です。上司や先輩は職場のことをよく理解している人ため、実際の業務に役立つ知識やノウハウを持っています。それらを的確に教えることは部下から感謝されることにつながります。教え方のうまい人はさらに部下から尊敬されるでしょう。基本は「やってみせる」「説明する」「やらせてみる」「確認する」でこの段階を踏むことが重要です。OJTは社員同士のコミュニケーションを促進することにもつながります。仕事のことについて部下が上司や先輩に気軽に聞くことができるようになると、信頼関係が生まれます。組織で仕事を進めていくために人間関係は大切です。報告・連絡・相談も信頼関係ができていなければ、うまくいかない可能性があります。OJTによって質問をしたり答えたりのやりとりを繰り返すことで、人間関係を構築すれば、スムーズに業務を進めることができるようになるでしょう。